よい痛み!?悪い痛み!?って何ぞや

シミウスホワイトニングリフトケアジェルでマッサージをすると痛みを感じるんだけど……って方いませんか?その痛みには、2通りあって、それは、よい痛みと悪い痛みです。

 

痛みによいも悪いもあるか!って方もいるかもしれませんが、まずは説明します。

 

よい痛みって何ぞやよい痛みは、その名の通り、そのままのやり方でマッサージをしていただいて大丈夫な痛みです。

 

マッサージしてるとき、コリコリとした感じがありませんか?鈍いけど、イタ気持ちいいかんじはありませんか?それ、凝ってるんです!リンパが詰まってるんです!肩凝りと一緒で、マッサージで血行を促進させて、老廃物を流していきましょう!リンパマッサージみたいな感じですが、グリグリと力を入れてはダメてすよ!お肌への刺激は、すなわち、シミ、シワ、たるみと、女性の天敵オンパレードですから!優しく、赤ちゃんに触れるようなタッチでマッサージしましょう!悪い痛みとは何ぞや悪い痛みは、その名の通り、マッサージの方法を変えてください。

 

マッサージをしていて、肌が引っ張られた感じはしませんか?それは、ジェルの量が少ないか、力が強いのが原因です。

 

ジェルの量は、お手入れガイドの量を使っていますか?勿体ぶらず、ケチらず、適量を使ってください!量が少ないと摩擦が起きやすく、摩擦が起きると、シミの原因となります。

 

少しでも、原因を減らすため、量は適量を守ってください!また、潤った肌の方や、皮脂量の分泌が多い方などと比べ、乾燥肌の方は、ガイドより量を増やすことをおすすめします!力が強くなってしまうのは、きっと誰よりもシミを無くしたいという思いが強いからです。

 

思いは強くて構いません。

 

構いませんが、力はソフトでお願いします。

 

力が強いと、やはり、シミの原因となり、逆に増えてしまう為、イタ気持ちいい位の力で重要です。

 

もちろん、お肌の弱い方は、普通に気持ちいい位の力加減で十分です。

 

滑らかせるようにマッサージするので大丈夫です!自分に合った力加減、量をマスターして、一緒に素肌美人を目指しましょう!

 

 

→限定プレゼント有りでシミウスをお試しされる場合はこちらからどうぞ